iPhoneで間違えて緊急SOSをした時の対処法は?仕組みも解説

iPhoneで間違えて緊急SOSをした時の対処法は?仕組みも解説の画像 心がラク

iPhoneで間違えて緊急SOSを起動した時は、どうしたらいいか気になりませんか?

iPhoneには身の安全を知らせるために「緊急SOS」というシステムが搭載されていますが、間違えて起動した時はどうしたらいいのでしょうか。

私も最近間違って起動して、警察に連絡がいっていないか不安になりました。

今回の記事は以下のようなお悩みをお持ちの方におすすめです。

  • 間違えてiPhoneの「緊急SOS」を起動してしまった時の対処法を知りたい。
  • 「緊急SOS」をしてしまい警察や消防などに連絡がいっていないか不安を解消したい。

それでは早速見ていきましょう。

間違えて緊急SOSを起動してしまったらどうしたらいい?

iPhoneで間違えて緊急SOSが起動してしまったら、iPhoneの機種ごとに定められている停止方法を試してみましょう。

iPhoneの機種によって止め方が異なるからですね。

緊急SOSが起動すると、画面にカウントダウンが表示されて大きな警報音が鳴り始めます。

このカウントダウンが終了する前に、以下のiPhoneの機種ごとの停止方法で緊急SOSを止めましょう。

  • iPhone8以降の機種:サイドボタンと音量を調節するボタンから指を離す
  • iPhone7以前の機種:停止ボタンを押し「通話を停止」をタップする

緊急SOSの停止方法は、機種によって異なるのを知りませんでした。

このように間違って「緊急SOS」を起動した場合は、所定の停止方法を試しましょう。

間違えて緊急SOSを起動したらどこにつながる?

iPhoneで間違えて緊急sosを起動したら、現在地近くの警察署や消防署、海上保安庁などに繋がります。

緊急SOSのサービス自体が素早く身の危険を知らせ、助けを求めるためのものだからですね。

なので本当に身の危険が迫っていて必要になった場合には、とても大切な機能です。

しかし間違って緊急SOSを起動してしまい、うまく止められずに警察署や消防署、海上保安庁などに繋がってしまった場合はどう対処したらいいのでしょうか。

緊急SOSで緊急サービスに繋がったらどう対処したらいい?

警察署や消防署、海上保安庁などの緊急サービスに繋がってしまった場合は間違いだった旨を伝えましょう。

緊急SOSで連絡がいっている分、こちらの身の安全を心配してくださっているからですね。

Appleも以下のように対処をしていくことを推奨しています。

間違ってカウントダウンが始まってしまった場合はキャンセルできます。iPhone 8 以降では、カウントダウンが終わる前にサイドボタンと音量調節ボタンから指を放します。iPhone 7 以前では、「停止」ボタンを押してから「通話を停止」をタップします。

救急車や消防車が必要ないのに電話をかけてしまった場合は、電話を切らず、相手が出るまで待った上で「間違いでした」と伝えてください。

引用元:Apple(日本)

意図せず警察署や消防署、海上保安庁などに連絡がいってしまうと罪悪感や不安で落ち込んでしまいますが間違いは誰だってあります。

わざとではないですし、こちらも真摯に対応をすれば理解してくださると思います。

このように緊急サービスに繋がってしまった場合は、切らずに間違いだった旨を伝えましょう。

緊急SOSは本来どんな仕組み?

間違えて緊急SOSを起動した時は、どういう方法で緊急サービスに繋がるのか仕組みを理解しておくと不安が大きくならずに済むかもしれません。

そして万が一の時に備えて、緊急SOSの仕組みを理解しておくと安心できますよね。

iPhoneの機種別で定められている、緊急SOSの起動方法は以下の通りです。

iPhone8以降の緊急SOSの起動方法

  1. 「緊急SOS」と表示されるまで、サイドボタンと上下どちらかの音量調整ボタンを押す。
  2. スマホの画面に「緊急電話」と表示されるので、スライドし各種緊急通報サービスへ連絡をする。

iPhone7以前の緊急SOSの起動方法

  1. すばやくサイドボタンかトップボタンを5回押す。
  2. 画面が切り替わり「緊急SOS」と表示されるのでスライドし、各種緊急通報サービスへ連絡する。

iPhone8以降の機種は「緊急電話」をスライドしないまま、サイドボタンと上下どちらかの音量調整ボタンを押し続けるとカウントダウンが開始され警報音が鳴ります。

カウントダウンが終わった後にサイドボタンと上下どちらかの音量調整ボタンを離すと自動的に警察や消防署、海上保安庁などの緊急サービスに繋がりますよ。

一方でiPhone7以前の機種は、通話終了後自動的に現在地が緊急連絡先に共有されます。

間違えて緊急SOSを起動してしまった私の実体験

私は実際に間違えて緊急SOSを起動してしまいました。

スマホを置く台座をよく使用しているのですが、スマホを両サイドから固定するバーを勢いよく掴んでしまい起動してしまいました。

スマホの台座は全く悪くないのですが、私の馬鹿力で大変なことに・・

その後大きな警報音が1回鳴ったところで、大慌てで停止したので警察署などに連絡がいかずに済みました。

私のようなケースもあるので、参考になれば嬉しいです。

緊急SOSの設定を変える方法

私のように緊急SOSを間違って起動したくないという方は、設定を変更する方法もあります。

緊急SOSの設定を変更する手順は以下の通りです。

  1. 設定を開く
  2. 緊急SOSの項目をタップする
  3. 緊急SOSの設定画面に切り替わるので変更をする

私も設定を変更してみましたよ。

このように設定を変更することもできるので、自分に合う方法を設定しましょう。

間違えて緊急SOSを起動したことについてのよくある質問

iPhoneで間違えて緊急SOSを起動したことについて、よくある質問をまとめてみました。

緊急SOSで警察に電話が繋がったが切ってしまった時はどうしたらいい?

警察に電話が繋がったが通話を切ってしまった場合は、折り返しの電話を待って間違いだったことを伝えましょう。

警察の方々も私たちの身の安全を心配してくださっているので、もし電話が繋がった場合は切らずにいるのが良いですね。

もし途中で通話を切ってしまった場合は、おそらく折り返しの連絡がくるかと思うので待ってみましょう。

緊急SOSで発信していたら履歴に残る?

もし緊急SOSで緊急サービスなどに発信したら、相手側には履歴には残ります。

なのでこちらからの緊急SOSが現在地近くの警察署や消防署、海上保安庁などにもいっているということになります。

位置情報の共有は止められる?

緊急SOSを利用すると一定期間現在地情報が共有される場合がありますが、最新の位置情報を停止できるようです。

最新の位置情報共有停止手順は以下の通りです。

  1. iPhoneのステータスバーをタップ
  2. 「緊急時の位置情報の共有を停止」を選ぶ

間違えて緊急SOSしてしまったについてのまとめ