デジタルデトックスの方法は?メリットやデメリット効果も解説!!

デジタルデトックスの方法は?メリットやデメリットも解説の画像 心が喜ぶ

デジタルデトックスの方法が気になりませんか?

毎日スマホやパソコンなどのデジタル機器を利用している方は多いと思います。

しかし長時間使っていると、目が疲れてきたりイライラしてきたりと心身の体調が悪くなってきますよね。

私も毎日スマホやパソコンを触るので疲れを感じることが多いです。

 

 

そんな時こそ一旦デジタルから距離を置いて過ごしたいですが、具体的にどんな方法でデジタルデトックスを行えば良いのでしょうか。

今回の記事は以下のような疑問をお持ちの方におすすめです。

  • デジタルデトックスの方法や効果が気になる
  • メリットやデメリットが知りたい。
  • デジタルデトックス中に何をしたらいいかわからない。

それでは早速見ていきましょう。

デジタルデトックスの方法は?

デジタルデトックスはどんな方法で行えば良いのでしょうか。

調査をしたところ以下の3つの方法で行うと良いそうです。

  • 利用する頻度の多いデジタル機器を見えない場所に置いておく
  • デジタルに触れない場所で過ごす
  • デジタル機器に触れる時間を決めておく

ひとつずつ解説していきます。

利用する頻度の多いデジタル機器を見えない場所に置いておく

利用する頻度の多いデジタル機器を見えない場所に置いて、デジタルデトックスをスタートさせましょう。

デジタル機器は長時間利用すると目に負荷がかかりやすいですし、情報も入りやすいため悲しいニュースなどに心を痛めて心身の健康バランスを崩してしまう方も多いようです。

なので心身の健康を維持する1つの手段として、デジタルデトックスが最近注目されています。

具体的なやり方ですが、朝起きてすぐにスマホを触ってしまう方はそのまま机の引き出しに閉まってみましょう。

テレビをつけてしまう方は、ぐっと我慢して新聞や本を読んでみるのも良いですね。

まずはスマホやパソコンなど日常生活で利用頻度の多そうなデジタル機器を見えない場所に置いて、デジタルデトックスを始めてみましょう。

デジタルに触れない場所で過ごす

デジタルデトックス中は、デジタルに触れない場所で過ごすのも効果的ですよ。

私たちは普段からデジタル機器に囲まれて生活していることが多いと思います。

スマホやパソコンは見えない場所に閉まったけれど、家の中にはゲーム機器もあって触ってしまったなんてことも考えられるからですね。

家の中はデジタルの誘惑が多いです・・・

なので過ごす環境からガラッと変えてデジタルデトックスを行うと、そんな誘惑に心が揺らぐことも少ないのですよ。

例えば近くの公園に行ったり、サウナに行ってみたりするのも良いですね。

せっかくデジタルデトックスをするならば、心身ともにリフレッシュできる環境を選ぶと1日の充実度がさらに増します。

デジタルデトックスを利用して、デジタルに触れない環境で日頃の疲れを癒しましょう。

デジタル機器に触れる時間を決めておく

デジタルデトックスは、デジタル機器に触れる時間を決めておくと取り組みやすいです。

日常的にスマホを利用している方はデジタルデトックスによって、スマホを触れなくなるのが怖いと感じる方もいるかもしれません。

そうなるとせっかくデジタルデトックスを行っても、充分にリラックスできない可能性も考えられるからです。

例えばですが午前中だけスマホやテレビを見るけれど、午後からはデジタルデトックスの時間にしてメリハリをつけても良いと思います。

特にデジタルデトックスを初めて行う方は、デジタル機器から離れがたくて逆にストレスを感じてしまう可能性も考えられます。

更にデジタルデトックスの期間は定まっているわけでもないので、自分のライフスタイルで取り入れやすい時間や日数で行うと良いそうですよ。

私は月に2回、丸一日と半日と分けて行なっています。

このようにデジタルデトックスを行う場合は、あらかじめデジタル機器に触れる時間を決めて取り組むことで無理なく行うこともできますよ。

デジタルデトックスのメリット

デジタルデトックスのメリットについては以下の通り3つあります。

  • 心が休まる
  • 身体的なストレスが軽減される
  • 自分と向き合うことができる

ひとつずつ詳しく解説していきますね。

心が休まる

デジタルデトックスを行うと心を休めることができます。

デジタルデトックスを行うことで、あらゆる情報から距離を置くことができるからですね。

スマホを開けばSNSのやりとりや、悲しい事件などのニュースが入ってくる場合もあります。

もちろんSNSやニュース全てが悪いわけではなく、便利な側面もたくさんありますよね。

しかしコメントのやりとりや思いがけない情報が入ってくることで疲弊してしまったり、憂鬱になったりすることもあるかと思います。

そんな時にデジタルデトックスで情報から距離を置くことで、心に受けているストレスを軽減させる効果も期待できるんです。

デジタルから離れることで心無い言葉に傷つくこともなくなりますし、たくさんの情報からも離れて心が休まるからですね。

なのでSNSのやり取りに疲弊されている方や、情報に気持ちが急かされたりと心がお疲れ気味の方はデジタルデトックスで心を少しお休みさせませんか。

身体的なストレスが軽減される

デジタルデトックスをすると、身体的なストレスが軽減されるメリットもあります。

デジタル機器によって引き起こされる疲れ目や、肩こりなどの身体のストレスを軽減できるからです。

特にスマホやパソコンを使用していると長時間画面を見ていることが多いので、目が疲れたり、目の疲れによって肩こりや頭痛を引き起こしたりする方も多いと思います。

実際に私も目の疲れが酷すぎて片頭痛を繰り返していたので、定期的にデジタルデトックスを取り入れています。

デジタルデトックスを取り入れたことで、症状がだいぶ緩和されましたよ。

目が疲れていたり、肩こりが酷かったりする方はデジタルデトックスの習慣を取り入れて身体のストレスもケアしていきましょう。

自分と向き合うことができる

デジタルデトックスを行うと、自分と向き合うこともできます。

デジタルから離れると、時間にも余裕ができてくるからですね。

仕事やプライベートでも情報が入りすぎると、自分のことを考える時間もなくなってしまいがちです。

そんな時にデジタルからはなれてみると「自分はこう考えていたんだ」「本当はこんなことに興味があったんだ」と自己理解も深まってきますよ。

そこで本当にやりたいことを発見できて、趣味にしたり仕事にしたりできれば人生が更に充実していきそうですよね。

このようにデジタルデトックスは自分と向き合う時間も持てるので、最近自分が迷走している方は試してみてもいいかもしれません。

デジタルデトックスのデメリット

デジタルデトックスをする上でのデメリットを調査したところ以下の通り2つありました。

  • 連絡がとりにくくなる
  • 情報が入りにくい
  • デジタル機器が恋しくなる
ひとつずつ見ていきましょう。

連絡がとりにくくなる

デジタルデトックスをすると連絡がとりにくくなるのがデメリットです。

デジタルデトックスでスマホから離れてしまうと、家族や友人、職場の方と電話やメール、LINEなどもできなくなるからですね。

それにずっと連絡がつかないと、安否を心配される可能性も考えられます。

そういったときはこちらの投稿者の方のように前もって告知をしてからデジタルデトックスを行うと相手に心配をかけることが少ないですよ。